証券会社選び方は?

【証券会社は必ずしも手数料の額だけで選べない】投資家が証券会社を選ぶときには何を基準にしたらよいかと言えば、やはり手数料ではないでしょうか。
手数料はどこも同じではなく証券会社によって異なります。
したがって安いところもあれば高いところもあります。
ただ手数料の額だけで良し悪しは判断できない場合もあります。
例えば100万円までの株式取扱手数料がA社が1000円でB社が1500円とします。
この場合A社とB社の手数料の差は500円も違いますから、明らかにA社のほうが安くて得であるように見えます。
でもこれだけで判断するのは早いのです。
A社より500円高いB社の手数料は一律定額制というシステムになっており、1日にどれだけ取引をしても手数料は10,000円まででいいのです。
しかしB社でA社と同じだけの取引をすると手数料は倍額の20,000円もかかるのです。
これで分かるようにA社は1日の取引の取引が少ない一般の投資家向きで、B社は取引回数が多いデイとレーダー向きと言えるのではないでしょうか。
マネックス証券手数料比較!口座開設キャンペーン実施中